インプラントブログ

2017年5月16日 火曜日

右上4左上1,5大口式インプラント埋入

今回の症例は右上4左上1,5へのインプラント埋入です。
こちらの方は岐阜市にお住みの方で、歯の多くが状態が悪く困っていました。全体的に噛めるようにしたいという思いから、インプラントの埋入を決断しました。治療計画を立てる中で、まずは上顎へのインプラント埋入をすることとなります。オーバーデンチャーを行う予定です。
事前にCTで骨の状態を確認してみると、骨頂部が痩せている状態でした。ドリル式で手術をする場合、骨頂部の骨はほとんどなくなってしまいます。そのため骨の高さが低くなってしまい、上部構造の歯をつくる時に長い歯を作ることになってしまいます。しかし、大口式であれば骨頂部の骨を拡げることで骨の高さが低くなることはありません。また、拡大された骨は圧力がかかることで側方だけでなく上方向にも拡がるため、骨の高さは高くなります。そのため自然な見た目の歯を作ることができるのです。
歯や口腔内で悩んでいる方、是非お気軽にお問い合わせ下さい。



大口式によるインプラント埋入後 右上4,左上1,5
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前 パノラマ オペ部位  右上4,左上1,5


埋入後 パノラマ 



日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30