インプラントブログ

2017年2月 8日 水曜日

右下6大口式インプラント埋入

今回の症例は右下6へのインプラント埋入です。
こちらの方は春日井市からお越しの方で、他院でのインプラント治療をされていた方です。右下6の根が破折したため、インプラント治療を考えていたのですが、ドリルでのインプラントを経験していたためにもう一度受けるのは少し抵抗があったようです。そこでドリルを使用しない大口式を求めて来院されました。治療計画を立てる中で、抜歯をした後、3ヶ月ほど期間を置いて今回の手術となります。
事前にCTで骨の状態を確認してみると、抜歯窩のため、頬舌の骨を残して窩が残っていました。この骨を生かしてインプラント窩を形成します。まずスリッターを使用し骨幅を拡げるとともにインプラント窩を作る道を作ります。
大口式はドリル式と違い、骨を全く削りません。そのため、骨に与えるダメージは極僅かで術後の痛みや腫れも小さいのが特徴です。ドリルでの手術法に不安を感じている方はぜひ一度当院へご相談ください。



大口式によるインプラント埋入後 右下6
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前 パノラマ オペ部位 右下6


埋入後 パノラマ 



日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30