インプラントブログ

2015年12月15日 火曜日

左右上3大口式インプラント埋入

今回の症例は大口景子Drによる左右上3へのインプラント埋入です。
こちらの方は関市からお越しの方で今回で3回目のオペとなります。オーバーデンチャーの予定で左右臼歯部への埋入を済ませました。しかし、患者さんの希望により左右3部への埋入をしインプラントブリッジにする治療計画へと変更になりました。
事前にCTで骨の状態を調べてみると、左右どちらの骨も基底部まで狭窄している状態でした。角度を少しでも間違えてしまうと唇側、あるいは口蓋側へと抜けてしまう可能性があるため慎重に窩の形成を進める必要があります。まずスリッターを使用し骨を拡げます。少しずつ拡げたあと、オーギュメータを使用しインプラント窩を形成します。
薄い骨でも大口式で行うことで骨は拡がり、インプラントを埋入することができます。それだけではなく骨を押し広げることで薄い骨は太く強固な骨へと変化するのも大口式の特徴です。この特性を生かすことで骨粗しょう症の方にも対応することができます。気になる方は是非一度お問い合わせください。


粘膜、骨膜弁形成後 大口式拡大前と大口式によるインプラント埋入後 左右上3
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


拡大図


埋入後 パノラマ 



日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30