インプラントブログ

2015年6月17日 水曜日

右下5,6大口式インプラント

今回の症例は右下5,6へのインプラント埋入です。
各務原市にお住まいの方で、HPを見て当院を知り来院されました。インプラントを考え始め、色々調べたところドリルを使用しない大口式に興味を持たれました。まずは右下からの治療となります。
事前のCTで骨の状態を確認してみると、骨幅が少しやせている状態でした。こういった場合にはスリッターを用いて骨を拡げることで、インプラントの埋入に必要な幅を確保することができ、元の骨よりも数倍太くすることができます。
ドリルでオペを行うと、健康な骨を削り取ってしまううえ、骨を太くすることができません。また、万が一力の入れ具合を間違えてしまうと下顎を通っている神経を傷つけてしまう可能性もあります。
安心や安全を求めて大口式を選ぶ方が増えてきております。気になる方は是非一度お問い合わせください。


粘膜、骨膜弁形成後 大口式拡大前
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


大口式によるインプラント埋入後 右下5,6
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前 パノラマ オペ部位  右下5,6


埋入後 パノラマ 

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30