インプラントブログ

2015年6月26日 金曜日

右上1大口式インプラント埋入

今回の症例は右上1へのインプラント埋入です。
こちらの方は可児にお住まいの方で、テレビで当院のことを知り来院されました。歯並びが悪い前歯をブリッジにするか、インプラントにするかで悩んでいました。初診、カウンセリングをするなかで、抜歯即時でのオペとなりました。
抜歯窩は歯根の向きに誘導されやすいので窩の形成には注意が必要です。特にドリル式では抜歯下に誘導されてしまいやすいため理想的な方向、向きに埋入することが困難です。前歯は審美的な面も含まれるため、理想的な角度で埋入することで機能面だけでなく見た目もよくなります。大口式では細いピンホールで位置決めをします。極小の穴ですので理想の位置への埋入を可能とします。


粘膜、骨膜弁形成後 大口式拡大前
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


大口式によるインプラント埋入後 右上1
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前 パノラマ オペ部位  右上1


埋入後 パノラマ 

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30