インプラントブログ

2015年4月18日 土曜日

左上1,2大口式インプラント埋入

今回の症例は左上1,2へのインプラント埋入です。
この方は岐阜市在住の方で、ホームページを見て、当院の術式を知り来院されました。今回は前歯部、左上1,2への埋入となります。
事前のCTを見てみると、とても骨が薄い状態でした。ですが、大口式であれば骨移植などのインプラントの前処理が必要ありません。骨頂部が薄い場合には、まずスリッターを用いて骨を拡げます。スリッターの力により、ボール紙程しかなかった骨の厚みが10倍以上に拡げることができました。その後オーギュメータを使用しインプラント窩を形成します。前歯であるため、審美的な面も考えて埋入角度も慎重に決めて埋入しました。
本来であれば、今回のような薄い骨の場合は骨移植や増骨を行った後、十分な厚みを持たせてから埋入となるのですが、日本人ならではの、繊細な発想と唯一無二の職人芸での手術により、無事に埋入することができました。


粘膜、骨膜弁形成後 大口式拡大前
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


大口式によるインプラント埋入後 左上1,2
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前後CT画像

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30